深い眠りで幸せ

深い眠りで幸せ

睡眠を快眠・安眠の生活習慣

睡眠を快眠・安眠の生活習慣 top > 深い眠りで幸せ

深い眠りで幸せ 睡眠を快眠・安眠の生活習慣にするために!

深い眠りで幸せ
 深い眠り(ノンレム睡眠90分)人は眠っている間に、およそ90分単位でと浅い眠り(レム睡眠)を交互に繰り返しています。

 入睡すると、まず深い眠りに向かい、それから浅い眠りに転じます。 深く眠っているときに目覚めれば、熟睡感がありますが、逆に浅い眠りのときには、寝ていても、時計の時刻を刻む音などを聞いてしまうため、眠っていたにもかかわらず、本人は、朝まで眠れなかったと思ったりします。 90分の生体リズムはこれほどまでに、人の体を支配しています。

 深い眠りで幸せと感じる睡眠は、深く眠っているときに目覚めれば、熟睡感があることのようです。

 眠れない人は、日中からこのリズムで生活してみるのはいかがでしょうか。 90分リズムが生活にメリハリを与え、体の本能に従った暮らし方は、無意識に受けていたストレスを取り去ります。 そうした、ストレスの減少が、結果的に質の良い眠りを呼ぶというわけです。

深い眠りで幸せ 深い眠りで幸せ

●より良い眠りのための一日の過ごし方
 眠れないと悩む前に、実践してもらいたいことをあげます。
 軽い不眠なら改善されることも多いので、あまり神経質にならずに取り組んでみてください。

●朝の過ごし方
・眠る時間がどんなに遅くなっても、起床時間は一定の時間を守りましょう。早く起きれば、自然と寝る時間も早くなってきます。遅寝早起きを心がけてください。

・朝、30分~1時間の散歩をするなど、陽の光を浴びましょう。日光は体内時計の働きを活発にし、メラトニンという睡眠を促すホルモンの昼間の分泌を抑制し、より健康な生活リズムを作ることができます。

●昼の過ごし方
・日中の外出は、なるべく車に乗らずに電車も下車駅のひとつ手前で降りるなど、努力して歩く時間を増やしましょう。 ・長時間の昼寝をしないこと。どうしても眠いなら、30分程度に。

●夕方の過ごし方
・午後4時を過ぎたらコーヒーなどカフェインの含まれているものの摂取は控えましょう。日本茶にもカファインが含まれています。 どうしてもというときは薄めのお茶をのむようにしましょう。

○適度な運動をしましょう。
 夕方の運動は、理想的な眠りへのアプローチ。昼間の緊張を鎮め、運動で上昇した体温が、運動後に下がり、また、夕食・入浴で際度体温が上がって、スーと下がってくると自然と眠気が起きてきます。睡眠は体温とも密接な関係にあるのです(夕方の運動が無理なときには、朝や昼でもかまいません)。

○夕食のメニューは香辛料をたくさん使った刺激的なものは避けてください。 アルコールは晩酌程度に。

○満腹も空腹も不眠のもとです。
 夜の食事は腹八分目にし、お腹がすいたら、ほんの少量の甘いものや果物を取りましょう。

○タバコは脳を興奮させ、不眠を招きます。寝る3時間前に最後の一本をすませましょう。

○入浴はシャワーより湯船に。
 熱いお湯より、ぬるめのお湯に浸かりましょう。神経をリラックスさせる入浴剤などを使うのも良いでしょう。

○ツボを刺激して、眠りを誘いましょう。

○リラックスできる音楽を聴きましょう。
 基本は好きな音楽であること、いくらヒーリングミュージックといっても嫌いなものはだめ。 なるべく静かな曲を音量を下げて、一定の時刻で切れるようにタイマーをかけてをくと良いでしょう。

○布団に入ったら、眠りのイメージトレーニンをしましょう。
 楽しかったこと、心地良かったことを思い出したり、創造すると良いでしょう。 また、鎮静作用のあるカモミールやリラックス効果のあるラベンダー、心身のバランスを保つシナモン、筋肉の緊張をほぐすセージなど、アロマセラピーの併用で相乗効果を狙っても良いかも知れません。

深い眠りで幸せ 深い眠りで幸せ page top


雑誌や新聞の文字が見づらくなってきた等のお悩みはありませんか? しょぼしょぼがスッキリ しょぼしょぼがスッキリ 「目が疲れなくなった」「ドライアイが気にならなくなった」「しょぼしょぼがスッキリ」などの うれしいお声をいただいています。
掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C)  睡眠を快眠・安眠の生活習慣  All Right Reserved