生体リズムと睡眠

生体リズムと睡眠

睡眠を快眠・安眠の生活習慣

睡眠を快眠・安眠の生活習慣 top > 生体リズムと睡眠

生体リズムと睡眠 睡眠を快眠・安眠の生活習慣にするために!

生体リズム睡眠
 規則正しい生活を送りましょう。 小さい頃から、何度も聞いた言葉ではないでしょうか?

 規則正しい生活とは、生まれつき体に備わっている生体リズムに沿った生活という意味で、夜更かしをせず睡眠をしかり取っる最も自然で健康的な生活と言えます。

 しかし、現代の生活環境は、健康的な生活リズムを崩す要因の24時間営業の飲食店や夜通しの娯楽、コンビニやテレビ・パソコンなどの普及により急激に変化しています。 このような変化により、体の生体リズムにも悪影響が及んでいます。  

●生体リズムと社会生活リズム
生体リズムと社会生活リズムが夜型の生活によって、ずれが生じるとどうなるのでしょうか。 夜更かしをして睡眠時間が減ると、夜間に活発に行われている生命活動がぎゅうと圧迫されてしまうのです。

 深い睡眠中に分泌されるいくつかのホルモンは、時間切れで出ずに終わることになるでしょう。 その影響がこころと体の不調をもたらし免疫力を弱め、健康を損なう原因をつくることになるのです。

 寝不足の状態は、精神活動も身体的パフォーマンスも低下します。 これは、生体リズムのリセットの不調によって休息モードから活動モードへの切り替えがスムースに出来なくなるためです。

 生体リズムを無視した不規則な生活を送ると、様々な不調を感じるようになります。 生体リズム、自律神経、ホルモンはすべて連帯しているため、生体リズムが乱れると自律神経やホルモンバランスにも悪影響が及んでホメオスターシス機能を乱すのです。

生体リズムと睡眠 生体リズムと睡眠

生体リズムと睡眠

 ホルモンバランスを例にとると、ホルモンは人の生理にもたらす役割は大きく2種類になります。 同化作用と異化作用で、同化作用とは体の構成する成分を作り疲労を回復させたり故障した細胞の修復などの働きがあり、また異化作用とは体が活動するエネルギーを作ることをいいます。

 このような働きが睡眠中に行われるために、睡眠の時間や質に問われてくるわけです。

●熟睡が若返りの秘訣
 成長ホルモンは、脳にある下垂体というところで産生される、成長を促進したり、若さを保つために働くホルモンです。 人間には夜間睡眠時にさまざまなホルモンが分泌されます。 成長ホルモンがいちばん出るのは、熟睡しているときです。

 つまり、就寝後30分位から3時間のノンレム睡眠時です。 日々熟睡できことが生活の基本といえます。

 成長ホルモンをより分泌させるには、規則正しい生活及び食事、質の良い睡眠や睡眠時間が必要です。 1980年代頃に特定のアミノ酸が成長ホルンモンの分泌を促すことがわかりました。

 具体的にはアミノ酸のアルギニン、リジン、オルニチン、グルタミンなどです。成長ホルモンの分泌が衰え始める30代半ば以降の世代が成長ホルモン分泌を促すアミノ酸を摂取すると新陳代謝が高まったり、運動などを併用することにより脂肪分解効果もあると言われております。

生体リズムと睡眠

生体リズムと睡眠 page top

生体リズムと睡眠
100gあたりに含まれる“天然ビタミンC”の含有量 なんとッ!アセロラの約1.5倍ッ!! 天然ビタミンC 天然ビタミンC 良質な“天然ビタミンC”を含む【カムカム】を体感下さい♪
掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C)  睡眠を快眠・安眠の生活習慣  All Right Reserved