睡眠不足と自律神経

睡眠不足と自律神経

睡眠を快眠・安眠の生活習慣

睡眠を快眠・安眠の生活習慣 top > 睡眠不足と自律神経

睡眠不足と自律神経 睡眠を快眠・安眠の生活習慣にするために!

睡眠不足と自律神経
 どんなに体にいいことをしている人でも睡眠が不足すると、自律神経のバランスが崩れてしまいます。睡眠不足が自律神経自律神経ががバランスを崩し、それが体の能力を低下させて実力が発揮できなくなるのです。

 特に副交感神経の働きが低下します。自律神経のは日内リズムがあり夕方から夜にかけて副交感神経のレベルが上がりやや副交感神経優位な状態になります。

 ところが、徹夜で仕事をするなど、本来なら副交感神経が優位に時間帯交感神経ばかり刺激するために副交感神経の上がるタイミングのを失ってしまうのです。

 自律神経のバランスが崩れると血流障害が起き身体機能が低下してしまいます。健康な人でも、睡眠不足は持てる能力を発揮する際、大きな足かせになってしまいます。

 受験や試験の前に徹夜で勉強する人がいますが、実力を発揮したいのなら、前日は十分な睡眠をとることが大切です。

 自律神経のバランスが崩れることによって、血流悪化の影響は全身に及びます。 単に筋肉の働きを悪くするだけでなく、脳の活性も低下します。長期間寝ないで、勉強な仕事をしていると、能力を悪くするのは、どなたでも経験のあることでしょう。睡眠不足は単に疲労するだけではなく、血流の低下によって、脳の機能が低下するからです。

睡眠不足と自律神経 >睡眠不足と自律神経

睡眠不足と自律神経

●人命にかかわるような責任を持つ仕事には睡眠の義務ずけも
 パイロットや、軍の指揮官など、一つの小さなミスが、多くの人の人命にかかわるような責任を持つ仕事についている人たちは、きちんとした睡眠をとることが義務ずけられています。

 海外で行われる大きなスポーツに大会やトーナメントで選手がなかなか能力を発揮しきれないのは、実は時差による睡眠不足と自律神経の乱れれが影響しています。

 運動能力も脳も睡眠不足も頭脳も体の治癒能力の心身に関わる能力すべてにのおいて本来のもう力を発揮するためのは,最低限条件として十分な睡眠をとっておくことが大切です。

●自律神経に影響する気持の持ち方
 あせるとミスが増えるのは自律神経の副交感神経が低下するためです、自律神経のバランスを崩すのが原因です。自律神経のバランスを精神状態で表すと、交感神経は緊張や興奮など、副交感神経は余裕や安心ということができます。

 どちらかに偏りすぎることなくバランスが大切といわれています。 このバランスのための方法として、深呼吸、腹式呼吸がおすすめ。

 呼吸が浅く早くなり、交感神経割合が高くなると体も脳も血流が悪くなり低酸素状態にになります。 そんな時、深呼吸をすることで、抹消の血流が増加する筋肉が弛緩するので、体はリラックスするのです。

睡眠不足と自律神経 睡眠不足と自律神経 page top

>睡眠不足と自律神経
雑誌や新聞の文字が見づらくなってきた等のお悩みはありませんか? しょぼしょぼがスッキリ しょぼしょぼがスッキリ 「目が疲れなくなった」「ドライアイが気にならなくなった」「しょぼしょぼがスッキリ」などの うれしいお声をいただいています。
掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C)  睡眠を快眠・安眠の生活習慣  All Right Reserved