眠れない原因に野菜不

眠れない原因 野菜不

睡眠を快眠・安眠の生活習慣

睡眠を快眠・安眠の生活習慣 top > 眠れない原因に野菜不

眠れない原因に野菜不 睡眠を快眠・安眠の生活習慣にするために!

眠れない原因に野菜不
 眠れない原因のひとつに野菜不足が挙げられます。 睡眠のための栄養素の基本のひとつは、ビタミンをきちんと補給することが大切です。

 抗酸化作用や免疫力の底上げ、コラーゲンや抗ストレスホルモンのコルチゾールの生成など、多彩な役割を持つビタミンC。 不足すると身体のあらいる機能が狂い、睡眠のりずむも、悪い影響が及んでしまいます。

 補給源は、野菜や果物で、1日、100mg。これはキャベツで摂るとすると、200g強 、野菜嫌いの方には結構大変なですが、そのまま食べるよりも、炒めたり、ミキサーにかけたり工夫も大切です。

 白菜は、外葉に 意外と多い器に溜まった白菜から出た水にもビタミンCが含まれているので、残さずに食べることをおすすめします。 野菜や果物 ジュース手軽に大量にビタミンCが摂れるので、自家製のものいただきいですね。

 眠れない原因に野菜不眠れない原因に野菜不 眠れない原因に野菜不眠れない原因に野菜不

●レタスに含まれるラクチュコピクリン
 レタスに含まれるラクチュコピクリンには鎮静効果があります。 レタスに含まれている苦味の成分です。 この成 分は、眠りを促すホルモンの代名詞のメラトニンににた鎮静効果があるといわれます。

 残念ながら、レタスの葉には、ラクチュコピクリンはごくわずかで、普段は捨ててしまう芯の部分に多く含まれているのです。

 レタスを芯を含めて1/4個を摂ればやすら かな眠りにつきやすくなるといいます。 スープやシチューにするとこの程度の量を手軽の摂れると思います。 レタス以外にも、チコリやサンキョーいも、食べ方の工夫で眠りの一工夫にお試しください。

●良質の眠りのために
、最も重要なビタミンといってもいいビタミンB1 糖質の代謝促し、血糖値の上昇を正常に保つ働きがあります。食事から摂ったエネルギーを昼間のうちに効率的に消費し、夜にな って段階的に下げていくのです。 これが快眠をに導く全うな生活リズムです。

 ビタミンB1はこの生体リズムに欠かせません。 最も一般的なとり方は豚肉で、特に多く含まれる部分はヒレやモモ肉です。 ビタミンB1は、長ネギや玉ネギなどに含まれるアりシンという成分と結びついて、アリチアミンという脂溶性物質になり、腸管での吸収がよくするためにネギ系を加えるのがおすすめです。

●牛乳を飲むことでよく眠る
 牛乳には、セロトニンの材用になるトリプトファンが多く、一杯の牛乳で補給しましょう。ほかにも、牛乳にはオピオイドぺプチドという、神経の興奮を鎮める眠りを促す数種類のペプチドも含まれてます。

 オピオイドペプチドは、ランナーズハイのときに分泌通称脳内麻薬のエンドルフィンなどの総称です。モルヒネに似た沈静・鎮静作用があります。不安を解消して、安らかな気分になり眠気を誘います。

眠れない原因に野菜不 眠れない原因に野菜不 page top


話題の【グリーンスムージーダイエット】がミキサー無しで完成 ! グリーンスムージーダイエット グリーンスムージーダイエット
掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C)  睡眠を快眠・安眠の生活習慣  All Right Reserved