眠る環境を整える

眠る環境を整える

睡眠を快眠・安眠の生活習慣

睡眠を快眠・安眠の生活習慣 top > 眠る環境を整える

眠る環境を整える 睡眠を快眠・安眠の生活習慣にするために!

眠る環境を整える
 布団に入ってからもテレビを見たり、本を読んだりしていませんか。 睡眠と環境は大きく関わっています。 眠る環境を整えることで、眠れない人にまずおすすめするのは、眠る部屋と読書や食事などをする生活する部屋を別々にすることです。

 日本の住宅事情では容易ではありませんが、寝る時間のこだわらず、十分に眠気を感じてから寝室に移動するという習慣をつけることで、不眠が簡単に解消されることがあります。

 最近は、寝具の研究が盛んになり、眠る環境を整えることが、より自分の体や睡眠のスタイル、好みにマッチするまくらやベット、布団見つけることが可能になりました。

 人生の3分の1を過ごす場所です。 今までよりほんの少し、時間とお金をかけて眠る環境を整えるために満足のいく寝具を探してみれば、おつりが来るほどの結果を得られるかも知れません。

 眠る環境を整える場合、心地よいと思う環境は、個人差があります。 ただ、漠然と良い環境をといっているのではないのです。遮光や防音、寝具の色、香りなど、自分の睡眠に最もあっているのはどんな状態か、可能な限り試してみてはいかがですか。

○睡眠に適した理想的な寝室の温度
 夏 温度25℃ 湿度50%    冬 温度15℃ 湿度50%

眠る環境を整える 眠る環境を整える眠る環境を整える

●寝具選びのポイント
○マットレス・敷布団
 横になったときに寝具にかかる体重の圧力を体圧といいます。 身長・体重と同様に耐圧は人それぞれ。 寝具メーカーによっては、個人データーを測定してくれるところがあります。

 色や形ブランドに惑わされず、パーソナルな特徴も理解でき、より自分の体にあった寝具を見つける手がかりになります。

○枕選びのポイントは4つ
 ①高さ、②硬さ、③大きさ、④素材です。 硬さと素材は好みですが、大きさは睡眠中の寝返りうつ際の肩先までの保温を考えて、選びましょう。

 高さは、高さは、高すぎると無理な負担から肩こりの原因になることもありまし、低ければ血液が頭に下がるので、脳を刺激して寝つきがわるくなる原因となります。

 頚椎と頭部を安定させるための適正な高さを計算してもらえるメーカーがあるので問い合わせみるとよいでしょう。また、アイビローや腰・足枕を試してみるのもよいでしょう。

眠る環境を整える 眠る環境を整える page top

眠る環境を整える
100gあたりに含まれる“天然ビタミンC”の含有量 なんとッ!アセロラの約1.5倍ッ!! 天然ビタミンC 天然ビタミンC 良質な“天然ビタミンC”を含む【カムカム】を体感下さい♪
掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C)  睡眠を快眠・安眠の生活習慣  All Right Reserved